地元農林水産物を活用した加工・販売事業による地域活性化への取組事例 - 農林水産省経済局

地元農林水産物を活用した加工 農林水産省経済局 販売事業による地域活性化への取組事例

Add: oquwedy69 - Date: 2020-12-01 15:57:45 - Views: 3840 - Clicks: 5001

農業の担い手の定住化を促進するための「生産環境施設」 の整備に必要な長期低利の資金です。. 農林漁業現地情報||ノウリン ギョギョウ ゲンチ ジョウホウ) 農林統計協会, 1998. 農業者の所得は、農産物の生産・販売等により得られる農業所得、農業者が行う農産物加工、農家レストラン等により得られる農業生産関連事業(*1)所得、これら以外の事業・兼業により得られる農外所得、受け取る年金等の収入で構成されます。 平成22()年における全農業経営体の平均所得をみると、総所得466万円、うち農業所得122万3千円、農業生産関連事業所得7千円、農外所得161万円、年金等の収入182万円となっています(*2)。これを、農業生産関連事業に取り組む農業経営体のみの平均でみると、総所得495万5千円、うち農業所得242万5千円、農業生産関連事業所得47万9千円、農外所得75万2千円、年金等の収入129万9千円となり、総所得に占める農業生産関連事業所得の割合は、1割を占めています(*3)。 農産物の価格低迷等により農業所得が減少している中、農業者の所得を高め経営を安定させていくためには、農業所得そのものの増大を図っていくことはもちろん、6次産業化の取組を通じた農業生産関連事業の所得を高めていく必要があります。 農業生産関連事業には、大きく分けて、農産物の加工、店や消費者への直接販売、貸農園・体験農園、観光農園、農家民宿、農家レストラン、その他の取組があります。販売農家のうち農業生産関連事業を行っている農家の割合は、平成12()年の11%から平成22()年の21%と2倍に増加しています(表3-9)。また、販売農家が減少する中、農産物の加工に取り組む販売農家数は着実に増加しています。 農産物とその加工品の流通・販売は、6次産業化の取組の重要なポイントとなりますが、農業経営体における農産物の出荷先をみると、農業協同組合が74%と最も多くなっています。次いで農産物直売所を含む消費者への直接販売が22%であり、このうちインターネットによる販売は0. 6次産業化・農商工連携の現状と課題 平成 30. 農林水産物や食品は、生産地の自然条件や地域の歴史・文化の影響を強く受けるという特徴があります。農林水産物・食品の地域ブランド化の取組は、このような「地域性」を農林水産物・食品の付加価値につなげるものであり、生産者の所得の増大のみならず、農山漁村の6次産業化による地域の活性化にも役立つものです。 このことについて、基本計画においては、農業者の所得の増大を図るため、「地域ブランドの確立」と「販売企画力の一体的な強化を通じて収益力を高める取組を促進する」としています。 このような中、地域ブランドの取組を効果的なものとして全国に広めるため、平成19()年11月、農林水産物・地域食品の地域ブランド化に取り組む個人・法人及び団体である地域ブランド取組主体、アドバイザーやプロデューサー等の地域ブランド支援者、加工・流通・販売等の事業者、地方公共団体等を会員として「食と農林水産業の地域ブランド協議会」が設立されました。同協議会においては、主として取組主体同士での情報交換、先進事例についての情報提供等が行われており、会員数は設立時の290から、平成24()年3月29日現在の717まで増加しています。このうち、地域ブランド取組主体数についても、平成20()年度の95から、平成24()年3月29日現在の175まで増加しています。同協議会では、ホームページを通じた情報提供や有識者による講演会の開催等を行い、引き続き、会員増加を目指しています。 また、平成23()年3月に作成された「農林水産物・食品の地域ブランド化確立に向けたガイドライン」についても、同協議会が実施するセミナー等での紹介やホームページを通じた公表等を行い、その普及・周知が図られているところです。なお、同協議会では、地域ブランドの取組主体に対して、ヒアリング調査等を実施することによって、作成したガイドラインの効果検証を行っており、検証結果をガイドラインに反映することとしています。 今後は、このような地域ブランド化の取組をいかに産品の高付加価値化や農山漁村の6次産業化につなげ、農山漁村の活性化を図っていくかが課題となっています。.

地元農林水産物を活用した加工・販売事業による地域活性化への取組事例 農林水産省経済局統計情報部編 農林統計協会 1998. 本資金は、地勢等の地理的条件が悪く、農業生産条件が不利な中山間地域において、農林漁業を総合的に振興して地域の活性化を図るため、 1. 1 地域資源を活用した農林漁業者等による新事業の創出等及び地域の農林水産物の利用促進に関する法律(平 成22年法律第67号)前文 2 農林水産省食料産業局「6次産業化の推進について」(令元. 現在、地域活性化の重要な柱として、経済産業省、農林水産省連携のもと、「農商工連携」促進の取り組みが始まっています。 これから2回にわたり、“農商工連携の基本的な考え方”と、“農商工連携を成功させるための重要な視点・地域への波及効果の.

① 農林水産物をはじめとする地域資源のブランド化 ④ 魅力ある地域づくりに向けた人材の育成・確保 ⑤ 森林資源(地域材)を核とした山村の活性化 ⑥ 「広域浜プラン」に基づく産地間連携等による漁村の活性化 ② 地域ぐるみのジビエ活用による鳥獣. 農林水産省経済局 野菜生産費(平成4年産)(農林水産統計報告) 地元農林水産物を活用した加工・販売事業による地域活性化への取組事例(農林水産情報). 8年となっています。これらの差は、個々の経営における取組のみならず、加工・流通への適応性等が反映されていると考えられますが、6次産業化が軌道に乗るまでは、ある程度の年数が必要であり、アンケート調査対象者の多くは、資金的余裕と精神的な辛抱が重要であると回答しています。 また、6次産業化に取り組むに当たり重要と考えるものについては、「商品の差別化・ブランド化」が最も多く67%、次いで「当該事業に必要な人材の確保」56%、「原材料、製品の品質の高さ」55%、「事業開始・継続に当たっての円滑な資金調達」53%の順となっており、ヒト・モノ・カネの重要性が特に認識されている状況がうかがえます(図3-11)。. ・E協議会(地域活性化団体)(岐阜県) ・休眠していた農産物加工施設に小水力発 電による電力を供給し、地元特産品を活用し た6次産業化の取組を地元女性グループが 実施。 ・余剰電力を売電し、管内の農業用水路等の. 日本政策金融公庫(以下「日本公庫」という。)が6次産業化に取り組む農業者を対象に行ったアンケート調査によると、6次産業化のメリットとして「所得の向上」をあげた回答者は75%を占めており、所得の向上は6次産業化の最も重要な目的であるといえます(図3-10)。 アンケート調査対象者の6次産業化の平均操業年数は13. 地元農林水産物を活用した加工・販売事業による地域活性化への取組事例(農林水産情報) 農林水産省経済局 漁業センサス(第9次 第11報)(農林水産統計報告). a) 地域の特産品によるオリジナル商品開発、ブランド化; b) 直接的な雇用に加え、地元生産者からの調達による雇用の創出; c) 地元農林水産物を活用した6次産業化のための加工施設や直販所の設置; 等により、地域の特産品を活かした産業振興「道の駅」の提案. 村地域の再生・活性化を図ろうとする取組である。 農林水産省の「食料・農業・農村基本計画j( 年3月)では,農業・農村の6次産業化について 次のように記述している。「農業者による生産・加 工・販売の一体化や,農業と第2次産業,第3次.

山村には、特色ある農林水産物や景観、伝統文化といった地域資源が多く存在します。近年、都市住民を中心にゆとり、やすらぎの場としても山村の評価が高まっています。山村の活性化には、こういった地域の潜在力を引き出すことが重要です。 山村の豊かな地域資源の活用を通じた地元の所得や雇用の増大に向けた取組を支援します。. 雇用の減少や若者の流出による人口減少など、様々な問題を抱える地域が多くなっている今、それぞれの地域で、事業活動を通じて地域経済の活性化や雇用の促進に向けて頑張る小規模事業者や中小企業者があります。日本政策金融公庫では、そうした取組を資金面から応援するため「地域活性. 地域の特産品によるオリジナル商品開発、ブランド化、地元 農林水産物を活用した6次産業化のための加工施設や直販所の 設置など産業振興に資する他、診療所、役場機能など、小さな 拠点として住民サービスのワンストップ提供、高齢者への宅配. 地域課題の解決に資するict利活用の取組みの参考となるよう、地域ict利活用事業を中心に、医療、福祉、防災、地域活性化等の各分野の取組みについて、「ict地域活性化事例 100選」を紹介いたします。. 農林水産省の農観連携関連予算 【農村振興局 都市農村交流課 関係】 農山漁村おみやげ農畜産物販売促進事業・・・・・・・・・・・・・・・1. (水産物流通の動向) 近年、水産物の国内流通量が減少しています。また、平成26()年の水産物の消費地卸売市場経由率は52%と20年前と比較して約2割低下し、消費地市場を経由して流通された水産物の量は、20年前の約5割の水準となっています(図2-2-23)。. 1.6次産業化の推進 (1)食料産業・6次産業化交付金【h31年度当初予算:14.

月 農林水産省. 4.地元港湾の活用による地域活性化 地元港湾を活用した輸出による好循環 地元港湾の活用による地域活性化実現に向けたイメージ 5 輸出向生産の拡大 海外販路の開拓 農林水産物の輸出拡大 ※地元外の港湾を利用 地元港湾を指向する 輸出者の発掘・育成. 農林畜水産物の付加価値の向上と販路の拡大を図る「加工流通施設」 2. 6次産業化の取組として、農家レストランや観光農園があります。農家レストランは、自らが生産した農産物や地域の食材を調理し、地域ならではの料理を提供することにより、農産物の高付加価値化や地域文化の提唱等が行えます。また、観光農園は、入園料や土産物の販売等による所得の増大のみならず、観光農園訪問者の周辺地域施設への立ち寄り等による地域経済への波及効果も期待できます。いずれも、農産物加工や産地直売に比べると取組割合は低くなっていますが、農業・農村の6次産業化を図る上で有効な取組となっています。 平成24()年1~2月に農林水産省が農業者を対象に行ったアンケート調査によると、既に観光農園に取り組んでいる農業者の97%は直接販売を、61%は農産物加工をそれぞれ複合的に行っています。一方、農家レストランに取り組んでいる農業者の92%は直接販売を、85%は農産物加工の取組をそれぞれ複合的に行っています(表3-12)。このことから、観光農園や農家レストランが農産物や農産物加工品の販売等の場等として活用されている状況がうかがえます。 また、6次産業化への取組による収入の変化については、観光農園、農家レストラン、直接販売、農産物加工に取り組む農業者のいずれについても、「1~3割程度の増収」とする回答が最も多くなっています(図3-19)。「1~3割程度の増収」、「3~5割程度の増収」、「5割以上の増収」まで含めると、農家レストランに取り組む農業者の割合が77%と最も多く、次いで観光農園66%、直接販売53%、農産物加工53%の順となっています。中でも農家レストランは、「5割以上の増収」が23%を占めており、一定の収入の増大を実感していることがうかがえます。. 2次(加工)×3次(販売)=6次産業)の取組が重要であることから、農林水 産省では6次産業化の推進に取り組んでいます(図Ⅴ-1)。 資料:農林水産省資料を基に沖縄総合事務局作成 図Ⅴ-1農林水産業の6次産業化のイメージ 農山漁村に存在する様々な. 3億円】 農林漁業者等が多様な事業者とネットワークを構築して行う新商品開発や販路開拓の取組、農林水産物の加工・販売施設の整備等を支援した。. 地元農林水産物を活用した加工・販売事業による地域活性化への取組事例 - 農林漁業現地情報 - 農林水産省経済局 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。.

地域で生産された農産物を地域で消費しようとする取組である地産地消は、生産者と消費者との結び付きを通じ、食料自給率の向上のみならず、直売所や加工の取組等の農業の6次産業化にもつながるものです。 また、基本計画においては、国産農産物を軸とした食と農の結び付きの強化を図るため、「地産地消の取組の成功事例や新たな取組等の情報を収集・紹介しつつ、生産者・農業関係団体に限ることなく幅広い者の主体的な取組を促すとともに、取組の核となる直売所において、取り扱う地場農産物の品目・数量の拡大や直売所間の連携を通じた周年的な品揃えの充実等、運営・販売力の強化を図る」としています。 このような状況を踏まえ、地産地消については、平成22()年12月に公布された「地域資源を活用した農林漁業者等による新事業の創出等及び地域の農林水産物の利用促進に関する法律(*1)」(以下「六次産業化法」という。)及び同法に基づき平成23()年3月に定められた基本方針(*2)により、6次産業化と総合的に推進することとされました。このため、処理加工施設や直売所等の6次産業化関連施設の整備、農林漁業者等による加工品の開発の促進等に加え、学校給食等における地域の農林水産物の利用の促進、直売所等を利用した地域の農林水産物の利用の促進、活動の核となる人材の育成及び多様な主体の連携等の各種の取組が推進されています。 中でも、直売所を利用した地域の農林水産物の利用の促進については、上記の基本方針において、通年営業直売所のうち年間販売額が1億円以上のものの割合を、平成32()年度までに50%以上(平成18()年度は16%)とすることを目指すこととしています。平成21()年度における年間販売額が1億円以上の通年営業直売所の割合は20%となっていますが、今後は、販売面における高付加価値化の取組等を通じて、その割合を増加させていくことが重要です(図3-16)。 産地直売所における年間販売金額に占める地場農産物の割合は、全国で73%となっており、主力商品として位置付けられていますが、地場農産物の販売に当たっては、様々な取組が行われています(図3-17)。 まず、販売面における高付加価値化の取組については、「朝採り販売」が71%と最も高く、「生産者の氏名、栽培方法等の表示」(57%)といった消. 今回は、一旦農産物のネット販売から離れて、少し広い視野で、農業を通した地域づくり、町おこしについて考えてみたいと思います。 総務省によると、年に行った国勢調査で、日本の総人口が初めて減少となったそうです。. 第1節 中小農林水産関連企業支援. ながさき伝統野菜の「木引かぶ」等地元農林水産物を利用した商品加工と販売【農事組合法人ひらど新鮮市場】(pdf : 850kb)(法人番号) 6次産業化商品事例集(出典:省HP「 6次産業化商品事例集 」). 地元農林水産物を活用した加工・販売事業による地域活性化への取組事例(農林水産情報) 農林水産省経済局 農村物価賃金統計(平成2年度)(農林水産統計報告).

農林水産業と商業・工業等の産業間での連携(「農商工連携」)促進等による 地域経済活性化のための取組について(概要) 平成19年11月30日農林水産省・経済産業省 趣旨 ①. 全国の農業経営体及び農業協同組合(子会社含む)が運営する農産加工場を対象に行った調査によると、平成21()年度の年間販売金額の総額は6,800億円となっています。その運営主体の9割は、法人化していない農家が占めていますが、年間総販売金額については、株式会社等(47%)と農業協同組合(37%)の2つで全体の8割を占めています(図3-12)(図3-13)。このため、1農産加工場当たりの年間販売金額は、農業協同組合が3億372万円と最も高く、次いで株式会社等の2億1,082万円となっているのに対し、法人化していない農家は342万円にとどまっています(図3-14)。 また、農産加工場で製造している主な加工品をみると、全国では、野菜加工品(野菜漬物等)が27%と最も多く、次いで果実加工品(果実漬物、乾燥果実等)25%、茶8%、穀類加工品8%、調味料等(調味料及びスープ)6%となっており、この5品目で全体の7割を占めています。 これを運営主体別にみると、農業協同組合では、調味料等の割合が28%と最も高く、その大半をみそが占めています。また、酪農製品が6%で上位5品目に入っています。株式会社等では、野菜加工品(野菜漬物等)の割合が16%と最も高く、次いで茶が13%と他の運営主体に比べて高くなっています。また、「アルコールを含まない飲料」が7%と他の運営主体に比べて高くなっているのも特徴です。法人化していない農家では、野菜加工品の割合が29%と最も高く、次いで果実加工品の27%となっています。このうち野菜漬物が21%、果実漬物が12%と漬物で全体の3割以上を占めています。また、果実加工品のうち乾燥果実(干し柿等)が11%となっています(図3-15)。. 【tsutaya オンラインショッピング】地元農林水産物を活用した加工・販売事業による地域活性化への取組事例/農林水産省. 農林水産物加工場 例:地域資源を活かした作 物を栽培、道の駅で販売 例:集落の女性組織によ る6次産業化商品の開発 例:小学校の空きスペースや 廃校舎を福祉施設等に活用 例:撤退後のスーパーを 住民により運営 取組イメージ 小さな拠点の形成. See full list on maff. 2 農林水産業の分野でグリーンictを活用しつつ地域活性化に取り組んでいる事例 (1)衛星を用いた小麦の刈入れ時期最適化の取組(JA士幌町) (2)林業のみえる化による生産性向上と伐採数低減の実現(I社、東京大学).

者が地元と一体となって、新たな発想で地 域資源を活用しながら、岩ガキ、ナマコ、隠 岐牛などの地元産物のブランド化や、CAS ※を活用した白イカ・岩ガキ等の加工販売・ 販路拡大などに取り組み、地域活性化に 貢献。 ・また、同町では、U・Iターン者. 農産物の生産・加工と観光農園等による地域活性化と豊 かな郷土づくり 秋田県 由利本荘市 10 加工・直売 発芽玄米を利用し「健康・安全・国産」に徹した米粉の加 工・販売 山形県 真室川町 11 直売 直売所が地元企業と連携して新商品・新メニューを開発. 2 農林水産情報 10-10(地域-2). 農業の活性化とともに、活力ある農村を実現するため、効率的な農業経営や地域住民によるむらづくりなどの先進的事例が多くみられます。 このうち、その内容が抜群で広く社会の賞賛に値するものについては、毎年、秋に開催される農林水産祭において. 地元農林水産物を活用した加工・販売事業による地域活性化への取組事例(農林水産情報) 農林水産省経済局 漁業動態統計年報(平成9年)(農林水産統計報告). 農林水産省においては、山村の活性化を図るため、「山村活性化支援交付金」により、薪炭・山菜等の山村の地域資源の発掘、消費拡大や販売促進等を通じ、所得・雇用の増大を図る取組への支援を行うとともに、林業と加工や販売等を融合し、地域. ア 農林水産省における地域ぐるみの6次産業化への支援状況 地域の農林水産物等の資源を活用した6次産業化の取組について、これを個々 の取組から地域全体の取組に拡大・発展させ、ひいては地域の活性化につなげて. 農地、森林等の農林漁業資源を活用した「保健機能増進施設」 3.

地元農林水産物を活用した加工・販売事業による地域活性化への取組事例 農林水産省経済局統計情報部編 (農林水産情報, 10-10(地域-2). 農林水産省農林水産技術会議事務局 ラテイス 7 Journal 研究紹介 : 先端技術を活用した農林水産研究高度化事業 = Research and development : research project for utilizing advanced technologies in agriculture, forestry and fisheries. 地域資源を活かした産業振興と付加価値化、雇用の創出 化粧品、ITなど、新分野における産業創出や人材育成による地域活性化 地元農林水産物を活用した加工・販売事業による地域活性化への取組事例 - 農林水産省経済局 ①町、生産者組合、大手卸会社などが協力し、ブロッコリー、黒千石(極小黒大豆)等の市場を 開拓し、計画的な生産を支援.

地元農林水産物を活用した加工・販売事業による地域活性化への取組事例 - 農林水産省経済局

email: efoxe@gmail.com - phone:(122) 404-8053 x 7781

ジュニア・アンカー英和辞典<特装・第4版> - 羽鳥博愛 - 井上良一

-> 国家と社会の基本法<第2版> - 上野幸彦
-> 人は一生に四回生まれ変わる - 森毅

地元農林水産物を活用した加工・販売事業による地域活性化への取組事例 - 農林水産省経済局 - 入江光海 中小企業高度化資金助成制度の詳解


Sitemap 1

高野山 - 山本音也 - 判例行政法 小早川光郎 論点体系